乳がん克服体験による伝えたい思いと知っ得情報

がんの進行や転移に関係するある物質を発見?!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

イギリスの科学雑誌「ネイチャー」に掲載された興味深い内容をご紹介します。一つの情報としてご覧くださいね。

がんの進行や転移に関係するある物質

食品に含まれるある成分が、乳がんの成長に関係しているということです。
アスパラギンという成分で、それは私たちが食べている食品に含まれています。
ネイチャー誌に掲載された研究論文によると
アスパラギン不足すると、乳がんの成長が阻害されるというのです。

研究は、マウスにアスパラギンを阻害する薬品を使い実験をしたところ
アスパラギンを阻害する薬品を使わなかったマウスは
2~3週間で死亡するのに対し、使用したマウスは
ガンの進行や転移を予防・停滞させることに効果があったということです。
この研究が進み、ガンの進行や転移を防ぐことが可能になれば
がん治療に対して、また新しい可能性が出てくるでしょう。

アスパラギンとは?

アスパラギンはアミノ酸の一種で、アスパラガスから発見されたため、この名前がついたということです。
では、どんな食品に含まれているのでしょうか?
アスパラガスをはじめ大豆・魚介類や肉・牛乳といった多くの食品に含まれている成分です。

とは言うものの、まだまだ研究段階ですので明確な答えが出ているわけではありませんので、ひとつの情報として留めておくほうが良いのかもしれません。

そもそもアスパラギンは健康維持や免疫力、持久力の向上や代謝機能を高めるためにも、人間の身体にとって必要なアミノ酸でもあります。
どんな食品でも摂りすぎたり偏ったりすることでバランスを崩しますし、
多くの食品に入っているアスパラギンを抑えるということは難しいでしょう。

ガンの研究は世界各国で勧められていますが
現時点で、確定しているガンを喜ばせる好物は『糖分』であることです。
つまり食に関しては、糖質を制限し、身体に毒を入れず、無農薬の野菜やバランスの良い食事を心がけるといったことが優先されると思います。

余談になりますが、私が乳がんで入院した時に
山岡荘八の「徳川家康」全巻を持って入院しました。
その中だったと思うのですが・・・
「この世のものは全て借り物」といった内容のことが
書いてあったと記憶していますが、
術後のリハビリで、自分の腕が全く動かなかったとき
人間の身体って何て不自由なんだ…と思うのと同時に
この身体も借り物なのかもしれないな・・・と感じた時に
借り物なら大事に使わなくちゃ・・・と思いまいた。

いつかは返さなくてはいけないこの身体ですが
だからこそ身体の喜ぶものを食べたいですね。

*********************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございました。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけると、同じ悩みや不安を持つ方に寄り添える力となります。
ご協力お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*********************************************************************************************

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心軽く生命輝かせて生きるだけ , 2018 All Rights Reserved.