乳がん克服体験による伝えたい思いと知っ得情報

がん治療、第4の治療法に本庶佑氏がノーベル医学・生理学賞受賞!

 
この記事を書いている人 - WRITER -


スポンサーリンク

ノーベル医学・生理学賞を本庶佑氏(京大名誉教授)が受賞!!

 

免疫を抑える働きを阻害することでがんを治療する免疫療法を確立し
がん治療に新たな道を開いたということを評価されての受賞でした。

現在、三大治療法と言われているのが
手術・放射線治療。化学療法(抗がん剤)ですが
第4の治療法と言われています。

抗がん剤の多くが、がん細胞も正常細胞も攻撃し
免疫力をも低下させてしまうことは周知のこととももいます。
対して、本庶氏が開発したものは
がん細胞が、免疫力からすり抜けて生き延びると行った仕組みを阻害して
免疫細胞の攻撃力を高め治療するというものです。

オプジーボとは?

T細胞のPD-1と結合して免疫の働きにブレーキがかからないようにする
免疫チェックポイント阻害剤と呼ばれる薬剤のこと。

日本では、悪性黒色腫(メラノーマ)、非小細胞肺がん、
腎細胞がん、頭頸部がん、ホジキンリンパ腫、悪性中皮腫、
胃がんなどのがんで使用されています。

本庶氏は、すべてのがんに対応できるようにすることが
今後の課題とも述べています。

ただ、進行状況やがんの性質、本人の体質などでも
効果は様々とも言えるようです・・・。
今後さらなる進化が一日も早く待たれるところですね。

スポンサーリンク

樹木希林さんが長い期間活躍できた訳

 

前述の免疫療法を始めとし
少しずつがんに有効な治療法が出てきましたね。
こういったことは、長い時間をかけて研究され
私達のもとへ届いてくるのですが
同時に、自分の身体の中で起こっていることを
受け入れ自然体で生き抜いた方がいらっしゃいます。

2005年に乳がんの手術を受け、2013年には「全身がん」であることを公表し ました。
会見当時にはすでに、腸、副腎、脊髄など、13ヵ所も転移が見つかっていたそうです。

樹木希林さんがどんな治療を受けていたのかはわかりませんが
2005年に乳がんになり、その後多くの臓器にがんが見つかったにもかかわらず
15年もの間、活躍できたのは、進行が穏やかだったこともあるかと思います。

もちろん女優さんですし、お会いしたこともありませんが
印象的には、がんの告知を受けた時にも
「あらそう」という感じで、現実を受け入れたのではないでしょうか?

現実を受け入れる

現実って、受け入れてしまうと
そのあとが思った以上に楽になるものです。
自分の立ち位置が変わってくるので
視野も思考も世界観も変化します。

がんを善悪ではなく、共存することで
自然体で日々を過ごしてきたのだろうなと察しています。

だからこそ、
家族や周囲ともがんを共有して協力を得ながら
仕事も続けてきたのではないでしょうか?

仕事がある、好きなことがある、やりたいことがある
それは目標であり希望でもあります。

自分でできるがん対策

少なくとも、自分の体の中にあるガンと戦うために
自分自身ができることはあります。

◯食生活を見直す
◯軽度の運動をする
◯社会に参加する(仕事等)
◯現実を受け入れ、人生を前向きに楽しむ

女優さんとしても結婚生活も、ご自身を確立した生き方が大好きでした。
改めて樹木希林さんのご冥福をお祈り致します。

スポンサーリンク

最後に

がんの治療には
免疫療法だったり高度先進医療だったり
食事だったりメンタルだったりといろいろあるかと思います。

ただ最近特に思うんですけど
災害が本当に増えてきている昨今
今を大切に楽しんで生きていきたいなと思っています。

乳がんの時も東日本大震災の時も
間一髪で生かされてきたと感じています。
だからこそ、与えられた時間を大切に
笑顔と感謝で生きていきたいな…

*********************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございました。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけると、同じ悩みや不安を持つ方に寄り添える力となります。
ご協力お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*********************************************************************************************

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心軽く生命輝かせて生きるだけ , 2018 All Rights Reserved.