乳がん克服体験による伝えたい思いと知っ得情報

乳がん以外の乳房のしこりや痛み

 
この記事を書いている人 - WRITER -

乳がん以外の乳房のしこりや痛み

女性の健康の不安にはいろいろあると思いますが
特に乳がん・子宮・卵巣系の病気に不安をお持ちです。

乳がんは自分で発見できる唯一のガンだと言われています。
乳がんは、触れた時のしこりなどで早期発見が可能で
それもあり生存率の高いガンでもあります。

乳がんの特徴として「しこり」がありますが
案外乳がん以外のしこりが多かったりします。
そんな乳がん以外の症状を簡単にお伝えします。

副乳(脇のしこり)

もともと私たちは生まれる前には、わきの下や胸・腹・鼠径部など
複数箇所に乳腺があったのですが、やがて胸以外は退化していきます。

ただ、比較的わきの下は乳腺が残っていることがあり
それを腋窩副乳と呼ばれています。

脇の下にあるぷっくりしたところ
脂肪がつきやすい部分で、腫れやしこりを疑ってしまうかもしれませんが
特徴はこんな感じです。

・当然、副乳は乳腺ですので、妊娠や授乳期には大きくなったり張ったりあるいは痛みがあったりします。

・母乳のようなものが出たりします。(副乳の証拠)

・乳房に痛みがなくても副乳だけ痛むこともある。

・閉経に向かって脇や胸が痛くなる事もある。

もちろん副乳がんがないわけではありませんが
その確率は、乳がんの1000分の1です。
万が一副乳がんの場合は、乳房と違い副乳の皮下脂肪が比較的薄いので
異様な硬さに明らかに普通ではないと直感で気が付くと言われています。
乳がんの腋窩リンパ節への転移とうの心配もあるかと思いますが
腋窩リンパ節は奥深くにあるので、よほど大きくならない限り膨らんで見えたりすることはありません。
(私もまったくわかりませんでした)

ただいずれにしても、素人判断は危険ですので
気になる場合は、乳腺科を受診しましょう。

※副乳を知らない乳腺外科医もいるようですので「副乳」というワードは覚えておいたほうが良いかもしれません。

これ以外にも、胸部の気になる症状はいろいろあります

女性ホルモンの刺激症状(年令によるもの(30代後半))

・肩甲骨あたりの凝り
・胸にピリピリ感

乳腺線維腺腫

・良性の腫瘍で、10代から20代に多く見られ、上は30代半ばくらいまでに起きることが多い
・固くて丸く、コリコリしていて、よく動くのが特徴(1~2㌢程度)

乳腺症

・柔らかく、芯があるしこりで、生理前に大きくなったり痛みがあったりする。

葉状腫瘍

・乳腺線維腫と似ていますが、しこりの大きさが大きいのが特徴です。
・この場合悪性になることもありますので、早めの受診をしましょう。

自分の身体や健康に無関心なのはよくありませんが
神経質になりすぎてもかえって不健康です。
そして乳がんは痛みがないというのが通説ですが
チクチク痛む場合もゼロではありません。
私も痛みで違和感に気づきました。

気になることがあったら悩んでいないで受診し
ひとつひとつ解決していきましょう。

*********************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございました。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけると、同じ悩みや不安を持つ方に寄り添える力となります。
ご協力お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*********************************************************************************************

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心軽く生命輝かせて生きるだけ , 2018 All Rights Reserved.