乳がん克服体験による伝えたい思いと知っ得情報

乳がん手術を受けた人のためのブラジャー

 
この記事を書いている人 - WRITER -

乳がん手術を受けた人のためのブラジャー

乳がんの罹患率(乳がんになった人)は
残念ながら増加しています。
そしてそれに伴い、死亡者数も増加傾向にあります。

生涯に乳がんに罹る女性は、おおよそ11人に1人と言われ
親族や友人まで含めたら、乳がんになった人が身近にいる確率は高いのではないでしょうか?

乳がんは、早期に適切な治療を行えば、生存率が高いという特徴があります。
にもかかわず乳がんにかかる人は増加の一途を辿っています。

それは、最近はそれでも増えてきたようですが
乳がん検診の受診率の低さと言えます。
因みに、経済協力開発機構(OECD)加盟国30か国の中で最低レベルで
受診率トップのアメリカは受診率80%と高く
日本は36.4%とかなり低いことがわかります。

確かに、身体にメスをいれることの不安や
乳房を失うかもしれない苦悩は計り知れません。

でも今は、全摘だけでなく早期であれば温存も可能ですし
そのどちらであっても、乳房再建が可能です。

そんな病と戦った乳房を術後守って行ってくれるブラジャーを扱っているショップはいくつかありますのでご紹介します。

ワコールリマンマ

こちらは経過や術式に合わせて選べます。

◯術後まもない方
◯腫れや痛みが落ち着いた方
◯乳房温存手術をされた方
◯乳房再建手術をされた方

ブラジャーの中に入れるパッドも、優しく術部を保護してくれます。
私が利用しているのは、ワコールリマンマさんのブラジャーとパッドです。

術式や経過によって豊富な種類から選べますし
通販だけでなく、ショップに行くことが可能であれば
ご自分にフィットしたものが選べると思います。

術後間もない方は、ノンワイヤーのほうが良いようですね。
またパッド選びも結構重要で、肩こりなどの原因になることもあるので
術後の経過によって変えていくことも必要になるかもしれません。

シャルレ

もともと補正下着のメーカーですので、心地よいフィット感があります。
また、特許であるパッドの飛び出し防止ガードを採用し
パッドの不安定感を解消しています。

フリープ

こちらは、全商品が前開きブラという特徴があります。
ブラウスのように付けることが出来て楽ですね。

セシール

ブレストケアブラとして、肌や術部に優しいブラジャーを扱っています。
Tシャツ感覚で楽に使用できます。

プレスタ

こちらは、患者とその家族の声から作られたという通販サイトで
いろいろなメーカーのものを見ることが出来ます。
また、ブラジャーやパッドだけでなく、
医療用の帽子や医療用のウィッグなど抗がん剤による副作用での悩み事にも対応しています。

その他沢山の通販サイトがありますが
ご自分の状態にあったものを、いろいろ探してみてくださいね。

*********************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございました。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけると、同じ悩みや不安を持つ方に寄り添える力となります。
ご協力お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*********************************************************************************************

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心軽く生命輝かせて生きるだけ , 2018 All Rights Reserved.