乳がん克服体験による伝えたい思いと知っ得情報

余命3ヶ月から生還した理由

2018/12/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

Sponsored Links



『私達人間は毎日の食生活において、
栄養素が十分に足りていれば基本的に病気にはなりません。
逆に考えると、もし病気になってしまったら何が原因なのかを考え、
足りない栄養素を補えば改善に向かうと言う事です。
私達人間には病気を治そうとする【自然治癒力】がある事を覚えておいて下さい。』

先日ある方のブログに出会いました。
栄養学の講義で聞いた話として文中に書いてあった言葉です。

肝臓がんの末期で余命3ヶ月の宣告を受け克服

2004年に、C型肝炎から肝硬変になり、肝臓がんへと進行
そして余命3ヶ月の宣告を受け、13回の入退院を繰り返し
奥様には「もう無理です」と4度も告げらる状態になっても
諦めずに戦い、復活した闘病記というより戦闘記です。

 

この方のブログには、闘病中いくつかの選択肢があり
それをしなかったことで、良かったと思えることや
したことによって大変な思いをしたことなどが
赤裸々に綴られています。

 

読み進めていくと、背筋が冷たくなるような感じを覚える内容もありました。
抗がん剤や医師への不信感
私自身も何度か受けた、血管造影・・・。
彼はその造影剤を一度の検査で3度も投与され意識不明になり
結局、より長い闘病生活になったであろうと思える出来事。

 

そんな壮絶な闘病生活を乗り越え
今もお元気に過ごしていらっしゃいます。

Sponsored Links



末期がんでしかも余命3ヶ月と宣告された人が今も元気でいられる理由

忘れてはいけないのが・・・家族の愛
特に奥様の献身的な看病は文面からも十分伝わてきます。

そして、彼自身「絶対に死ねない」という強い思い
その強い思いを叶えるために何をしたのか・・・。

『免疫力』を高める
一番はこれに尽きると思います。
抗がん剤を辞め、食事療法を中心に効果があるとされる健康食品の利用

 

私も乳がんの手術をし、抗がん剤も投与しましたが
途中で辞めてもらいました。
がん細胞も叩くけど、健康な細胞まで痛めつける・・・
当時でもそんなイメージはありました。
今でも抗がん剤を中止してよかったと思っています。

ただ問題はそれ以降、どう免疫力を高めていくかが最も重要だと思います。
あの頃私は、末期がんの父のことがあって
自分の術後も決して健康的な生活を送っていたわけではありません。
ただ、親を送るまでは死ねない・・・ただその思いだけだった気がします。

生まれてきて死なずに済む人はいません。
でも、薬漬けや管につながれたまま納得できずに人生を終えるのが嫌だった。
だから一日一日を後悔しないように、笑顔で楽しんで過ごそうと決めたんです。

抗がん剤・放射線であれ、代替治療であれ
すべての人に等しく有効なわけではないかもしれません。

ですが、ほとんどの人間には自然治癒力が備わっています。
その自然治癒力に全力で活躍してもらうために免疫力を高める。

免疫力を高めるための方法

◯免疫力は簡単に高める事ができる!
◯免疫力の低下と生活習慣
◯免疫力を高める食品
◯免疫力を高める運動
◯笑いは免疫力を高めてくれる特効薬
◯免疫力を高める睡眠のポイント
◯体温を上げて免疫力を高める簡単な方法
◯ツボやリンパを刺激して免疫力を高める方法
◯活性酸素が身体にもたらす影響と対策
◯免疫力を高め健康に過ごす「温活のススメ」
◯乳がんが治ったジュース

最後にもう一度・・・

『私達人間は毎日の食生活において、
栄養素が十分に足りていれば基本的に病気にはなりません。
逆に考えると、もし病気になってしまったら何が原因なのかを考え、
足りない栄養素を補えば改善に向かうと言う事です。
私達人間には病気を治そうとする【自然治癒力】がある事を覚えておいて下さい。』

ご本人のブログです

Sponsored Links







*********************************************************************

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

あなたのご不安が少しでも軽くなりますように

健やかで穏やかな暮らしができますように

心から祈っております

*********************************************************************

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心軽く生命輝かせて生きるだけ , 2018 All Rights Reserved.