乳がん克服体験による伝えたい思いと知っ得情報

光免疫療法の治療メカニズムがついに解明される!!

 
この記事を書いている人 - WRITER -




今や世界からも大注目を集めている光免疫療法。
日本では国立がん研究センター東病院で治験中ですが
その光免疫療法のメカニズムが解明されたというニュースがありました。

光免疫療法とは

世界が期待をしていると言ってもいい光免疫療法ですが
米国立がん研究所( NCI)の小林久隆氏らの研究によって開発されたがんの治療法

IR700という物質を融合させた交代を投与し
その後、近赤外線の光を当ててがん細胞を死滅させるというもの

従来の抗がん剤と異なり、この光免疫療法はがん細胞以外に毒性を持たないため
副作用もほとんどなく
がんの撲滅だけでなく
免疫力も活性化させ
転移したがんにも有効性があると確認されている。

光免疫療法の最終目標

解明された光免疫療法のメカニズム

小林久隆主任研究員や、北海道大学の小川美香子教授らの研究グループが
島津製作所・名古屋大学と共同で、この光免疫療法のメカニズムを解明したというニュースが有りました。

高性能の分析装置や顕微鏡を駆使し解析を行ったところ
光の化学反応に、IR700の水溶性軸配位子と呼ばれるものが外れ化学構造が変化し
脂溶性の構造へ変化することがわかった。

この変化が「デススイッチ」と呼ばれているものの正体で
このデススイッチは、近赤外線の光を当てることによりONする。

その結果、細胞膜上にあるデススイッチが起動し
正常細胞を傷つけず、がん細胞に結合した薬剤だけを毒に変え殲滅していくという。
マウスの実験でも、同様の反応が起きていることを証明されたといいます。

※出典:大学ジャーナル(https://univ-journal.jp/23524/)







 

光免疫療法の進化に期待

現在、国立がん研究センター東病院で治験が実施されています。
頭頸部のがんが対象になっていますが
もっとも光が当たりやすい部位ということ

IR700の抗体を投与しても、光が当たらなければ死滅させれらません。
骨や光が届きにくい部位などに対しても
今後、研究や対応されることで
ほとんどのがんに有効性が期待できるのではないでしょうか?

10年くらい前までは、がんに罹患する人は
3人に1人と言われていましたが
近年では2人に1人になってきています。

それは食生活や身体の内外のストレスを始めとした変化などがあると言われています。
私達の生活が便利になったり、豊かになったその裏で
身体は望んでいないことが多いということなのかも知れませんね。

いずれにしても、この光免疫療法が一日も早く実用化され
すべてのがんに対して最終兵器となることを祈るばかりです。

最後に

将来、きっと、がんもインフルエンザ程度の認識になる時が来るのでしょうね
と同時に、私達も病気になったら病院に行けばいいではなく
病院に行かなくて済むようにしたいですね

ポイントは・・・

食事→身体は食から作られる
ストレス軽減→免疫力にも影響
軽度な運動→血行促進
低体温の解消→がんが育つ体温は35度台

できることから始めてみましょうね

*********************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございました。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけると、同じ悩みや不安を持つ方に寄り添える力となります。
ご協力お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*********************************************************************************************

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心軽く生命輝かせて生きるだけ , 2018 All Rights Reserved.