乳がん克服体験による伝えたい思いと知っ得情報

根本的なガンの治療法とは?!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

根本的ながん治療は存在しない
そう語る医師やサイトもあります。

確かに・・・
仮にがん細胞を切除しても
人間の体には毎日数千個のガン細胞が生まれてきています。
それ一つ考えただけでも、一か所のガンを切除しても
次から次に生まれてくるわけですから
それを再びガンの塊にする前に殲滅するためには
根本となる何かを変える必要があるということです。

簡単に言えば、自律神経のバランスを取り
免疫力を高め、自己治癒力を強化する。
このことに尽きると思いますが
免疫力を高めるにしても
無農薬の野菜や果物を毎日食べても
暇さえあれば、癌になったらどうしよう
死んだらどうしよう。。。
そんなことばかり考えていたら
せっかくの効果も無駄になってしまいます。

軽い運動やウォーキングをして筋力を高め
血流を良くし、しっかり温めて体温を上げる。
明るく楽しく笑って過ごす。

そして添加物や農薬を含まない大地の恵みや
自然の恵みを身体に摂り入れる。

この食事療法も種類があって
ゲルソン療法
星野式ゲルソン療法(ゲルソン療法をさらに継続しやすくしたもの)
済陽式ゲルソン療法
荒木式「断糖食」
井上式「玄米食」
などたくさんあります。

特に、星野式ゲルソン療法は
開発者自身が末期がんを、この方法で克服した経緯もありますし
医療機関でも、玄米食や糖の制限を含め
この星野式ゲルソン療法を取り入れているところもあります。

がん細胞の大好物が「ぶどう糖」であることは証明されていますので
糖質は今からでも制限していった方がいいかもしれませんね。

そして自分で考えている以上に身体に影響を与えるのがストレスです。
私たちの身体には、環境が変化しても体の状態を一定に保とうとする
ホメオスタシス」という生体の働きがあります。
例えば、暑くなると、身体は自ら汗をかき体温調整をします。
その働きがホメオスタシスなんです。

ところが過剰なストレスが加わってしまうと、
ホメオスタシスが関わっている自律神経や内分泌系、さらには免疫系などが乱れと言われています。
そのため、ストレスが万病の元とも言われています。
このホメオスタシスは身体だけではなく、脳や心にも働きます。

そして、この現状維持装置のようなホメオスタシスは
それを乗り越えることができれば、また新しい現状を保とうとします。
その顕著な例が、昨日の羽生結弦選手であったり宇野昌磨選手であったりのアスリートなのかもしれません。

人の身体というものは、どれだけ精密に作られ
どれ一つとして不要なものがなく、全てが繋がっているのだろうと思います。
そしてそのホメオシスタスをバージョンアップさせるのは
「あきらめない」という自身の意思しかないようです。

つまり、がん治療を根本的に考えたとき
医師の知識やサポートなども必要ですが
何より自分自身が、戦える武器や材料を持っているわけですから
最終的には、それをどう活かして働いてもらうか…なのかもしれません。
あなたにとっての最高の名医はあなた自身ということのようですね。

※最後にアドラー心理学で有名なアルフレッド・アドラーの言葉です。

人がどこからくるのかということしか知らなければ、どんな行動が人を特徴づけるか知ることは決してない。しかし、どこに向かって行くかを知れば、どちらに踏み出すか、目標に向けてどんな行動をするか予言することができる。 by アルフレッド・アドラー

*********************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございました。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけると、同じ悩みや不安を持つ方に寄り添える力となります。
ご協力お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*********************************************************************************************

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心軽く生命輝かせて生きるだけ , 2018 All Rights Reserved.