乳がん克服体験による伝えたい思いと知っ得情報

痛みもなく精度の高い乳がん検診

 
この記事を書いている人 - WRITER -

乳がんで見逃されてしまいがちなリスク体質

乳がん検査と言えばマンモグラフィ検査ですが
遠慮なく乳房を挟んで、涙目になりそうなのを堪えて受ける検査
この痛い思いをして受ける検査で見落とされやすいのが
「高濃度乳房」

マンモグラフィの画像は、脂肪が黒で乳腺が白く写ります。
ですので毎年この検査をしていても、高濃度乳房の映像は白く写ります。
ですので同じように白く写る小さなガンは見落とされやすい。

毎年、検査結果に安心していても
この高濃度乳房の人は、突然のように1センチ2センチとガンが成長してたりします。

高濃度乳房は病気ではなくひとつの個性なので自分で理解しておきましょう。
その上で、別の検査方法を検討するのがベストですね。

マンモグラフィとエコー検査

現時点で、自治体の乳がん検診は
対象が40歳以上の女性
検証法がマンモグラフィ
となっています。

ですが、高濃度乳房の方の場合、必要な検査は
超音波(エコー)が必須になってきますが
任意の検査になります。

人間ドッグなどの任意の検査では
マンモグラフィ・超音波・触診などで検査をします。

ただこの超音波検査も完璧ではなくて
機器を乳房に当てて、その場で見ていくので
医師や技師の技量も影響してきますし
超音波は一方向からなので、当て方によっては
見落とされる可能性もあるという課題もあります。

新開発の超音波計測技術、マルチモード超音波CT

そんな中、新しい検査方法が開発されました。
日立製作所が、超音波を使った乳がん検査機器を開発。
受診する人は、うつぶせになリ水を満たした検査容器に
乳房を入れるだけで検査を受けられます。
当然マンモグラフィのように痛いということもなく
リング状の装置が超音波派を360度から照射するため、
検出の精度が大幅に高まるということです。

また、腫瘍表面の粗さや粘性などの腫瘍特性情報の取得や
微小石灰化の検出も可能になったり
腫瘍の様子をより詳しく把握でき、
良性悪性の判定の精度も高くなるとのこと。
女性にとっては苦痛を伴わない検査ができるようになりますね。

日立製作所は、北海道大学病院と共同研究を進めて、
2020年をメドに実用化を目指すそうです

*********************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございました。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけると、同じ悩みや不安を持つ方に寄り添える力となります。
ご協力お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*********************************************************************************************

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心軽く生命輝かせて生きるだけ , 2018 All Rights Reserved.