乳がん克服体験による伝えたい思いと知っ得情報

緩和ケアの利用は終末期だけじゃないんですよ?!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

緩和ケア

緩和ケアと言うと、いろいろと手を尽くした後
静かに余生を過ごすとためのケアというイメージがあるかもしれませんが、最近はがんが見つかった時から治療中も必要に応じて行うことが出来ます。

ガンですよと告知をされたら、誰でも落ち込んだり不安になったりします。
また治療中は痛みをはじめ、様々な辛さがあったり
食欲がなくなったりします。
そんな状況の時に「つらさを和らげる」という緩和ケアを取り入れることが出来ます。

つまり緩和ケアの役割とは、ガンに伴う身体と心の痛みや辛さ、苦しみを和らげることなんです。

がんになると治療などによっても、免疫力が低下し
痛みや苦しみ、不安などで気力まで低下していってしまいます。
そんな辛さを「治療だから仕方がないと」ひとりで抱えることなく、
人に伝えることで、その辛さを和らげる一歩となっていきます。

緩和ケアに対応できる機能を持っている医療機関というのは
がん診療連携拠点病院の指定を受けています。
またその指定を受けてなくても、対応している病院もありますので、医師や看護師に聞いてみてください。
こういったケアを受けることで、ガンと向き合うことが出来たという方もいらっしゃいます。

大事なことは、ひとりで抱え込まないことです。
誰かに頼り少しでも楽になることで、次の一歩を進むことが出来るのなら、おおいに活用してください。

緩和ケア病棟

こちらは、専門的な知識や技術に基づいたケアを提供する場所で
手術や抗癌剤、放射線等の治療の適応がない、あるいは希望しないかたを対象にしています。

緩和ケア外来

通院中の患者さんを外来でケアしていきます。
また訪問看護などと連携して在宅でもできるような支援もあります。

※いま、2018年の乳がん治療名病院のランキングや
超お役立ちサイトのリンク集などを作成中です。
もちろん無料でプレゼントしますので、もう少しお待ち下さいね。

*********************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございました。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけると、同じ悩みや不安を持つ方に寄り添える力となります。
ご協力お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*********************************************************************************************

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心軽く生命輝かせて生きるだけ , 2018 All Rights Reserved.