乳がん克服体験による伝えたい思いと知っ得情報

自律神経を整えるコツを知ることで人生は100倍得をする

 
この記事を書いている人 - WRITER -

スポンサーリンク

良い習慣の積み重ねが自律神経を整える

自律神経を整えると言っても、目に見えてるものでもないし
何をどうして良いのかわからないですよね?

しかも自律神経は、特に春先のような気圧が不安定な時期は
この気圧の変化でも影響を受けたりもします。

もちろん自律神経の乱れは、気圧の変化だけではありません。
自分でもできる自律神経を整えるポイントがあります。

自律神経とは

 

私達が意識することもなく、24時間365日、内臓器官の全てを支えてくれています。
得に血管をコントロールをするという働きをしています。

心臓が動くのも呼吸も、この自律神経がコントロールし
私達の生命活動を支えてくれています。

交感神経と副交感神経

自律神経は交感神経と副交感神経とで成り立っています。
例えて言うなら、車のアクセルとブレーキ
アクセルが交感神経で、ブレーキが副交感神経です。

アクセルばかり踏んでいると、いつか何かにぶつかります。
なのでどこかでブレーキを掛けてあげないとクラッシュしてしまいます。

自立神経もそれと同じで、交感神経ばかり優位になると
血管が収縮し血圧も上がり、気分までアグレッシブになります。

対してブレーキ役の副交感神経が優位になると
血管も適度に緩み、血圧も下がってきます。
心身とも穏やかなリラックスした状態になるわけです。

この両方のバランスが取れていると人間はベストな状態となります。
逆にこのバランスが崩れると、心身ともに不調になってきます。

物事が悪い方へ向かっている時は自律神経が乱れている

心身が不調になると、生活にも仕事にも人間関係にも影響が出てきます。
その結果、ますますストレスが溜まりやがて無限ループのようになってしまいます。

なんとなく最近体調も悪いし調子も出ないなんていうときは
身体からのSOSなんです。
そんな時は、気力で乗り越えようと頑張ったり
逆にゴロゴロして休もうとするのはかえってよくありません。
大切なことは、乱れた自律神経を整えることなんです。

自律神経セルフチェック

自律神経のバランスが乱れてくる年代

現代は様々なストレスが私達を取り巻いています。
日常の生活から仕事、環境など本当にたくさんあります。
そんな状態の中で、自律神経が乱れてのでしょう。

そうして自律神経が乱れ内臓器官の働きも低下し始め不調になってくる年代が
もちろん個人差はありますが
男性で30代・女性で40代と言われています。
いわゆる「年を感じる」ということでもあるかもしれません。

スポンサーリンク

自律神経を乱さない方法

◯夜更かしはしない
・睡眠のゴールデンタイムは22時から午前2時の間です。
・この間に眠りにつくことで成長ホルモンが活性化し疲労を回復してくれます。
とにかく怒らない(これキーポイントです)
・怒ると乱れた自律神経は3時間戻らない
・血管が収縮し心拍数も上がり、ドロドロになった血流が全身の臓器に影響を与えます。
・最も怖いのは、小さな怒りや苛立ち。これは常に自律神経が乱れた状態になります。
◯自分の健康と時間を守るために、断ることは断る
◯休む時はしっかり休む
・30歳を過ぎたら、真剣に集中できる時間は45分程度だそうです。
なので、45分集中+15分休憩が仕事も捗るベストな時間配分になります。
◯自分の時間を大事にする

自律神経のバランスを整えるには

 

乱れた自律神経を整えるのには休息も必要なんですが
それは単に身体を休めることではありません。
真の休息とは「ストレスを減らす事」なんです。

ストレスと言われるものはたくさんありますが、
その中でも特に大きく占めるストレスは、人間関係と言われています。
会社や近隣関係、ママ友関係や家族のことを始め
日常の生活の中でも、家事や育児、介護といったものもあるでしょう。
これら全てがストレスフリーというわけには行かないですよね。
そういったストレスを積み重ねていく事で心身の不調に繋がってきます。

自律神経を整える最短コース10のコツ

◯手書きで記録する
・今日の反省・感動・明日の予定…この3つを書くだけでも心の整理ができ落ち着いてきます。
◯スマホの依存から離脱
・SNSなどで人への評価や愚痴などを見ているだけでも自律神経は乱れる
・ネガティブは情報は乱れのもとになります
◯マイナス思考になりそうになったら切り替える
・マイナス思考はどんどん膨らんでいってしまいます。その思考を振り払い違うことを考える。
◯鼻から3~4秒で息を吸い口から6~8秒かけて息を吐く(1日1回3分)
・この方法は緊張も緩和してくれますよ。
・ヨガなどをとり入れるのもいいですよね
◯ゆっくり早く行動する
・正反対のようですが、ゆっくり行動することで集中力が増し状況判断が的確になるそうです。
その結果、想像以上の成果をスピーディに出すことができると言われています。
仕事の達人と言われる人の多くの共通点でもあります。
◯緊張したら深呼吸の前に、手を開いてみる
・力が入っていると、つい手を握りしめていませんか?
・その握った手をひらくだけでも血流を良くします。(緊張している時も)
◯忙しかったり思いつめてる時は、空を見上げて見る
・仕事帰りに星空を見上げたりすると、なんとなくリフレッシュした経験がありませんか?
・顔をあげるだけで、気道が伸び酸素をも豊富に取り入れられ、末梢血管が拡張し全身の 細胞に酸素と栄養が行き届きます。
◯一口の水(白湯)を飲む
・1日1~2㍑の水(白湯)をこまめに飲むことがポイント
・緊張を和らげ、自律神経を整えます
◯食事は食べることに集中して美味しく食べる
・考え事をしながら食べていると、胃酸の分泌や腸の働きが弱くなり、消化が悪くなる。
・よく噛んで味わって食べる
◯休日も早起きしてペースを変えない方がいい
・平日と休日の生活パターンを変えてしまうと、自律神経が乱れやすくなる
◯1日一回体重計に乗る(おまけ)
・体調管理が出来る
・ダイエットにも効果的

スポンサーリンク

落ち着かない気持ちを立て直すには?!

 

  • 木々や草花を眺めながら、ゆっくり散歩をしてみる
  • 散歩をしながら深い呼吸で酸素をたくさん取り入れる
  • 少しゆっくり行動する
  • 鼻から3~4秒で息を吸い口から6~8秒かけて息を吐く(1日1回3分)
  • 朝は少し早めに起きて、余裕を持って過ごす。
  • 苦しい時・悲しいときこそ笑顔で過ごす
  • 当たり前のことにも感謝の気持ちを持つ

体力(身体)が強くなってくると、メンタルも変わると言われています。
でも、一朝一夕に身体やメンタルが強くなることはありませんが
いつもより少しだけゆっくり行動したりすることは出来ると思います。
回りにいるステキだなと思える人の所作を真似してみたり
食事や話し方も少しゆっくりにしてみたりするのもいいかもしれません。
※大谷翔平選手の強さの原点は「マネ」から入っているそうですよ^^

もちろんこれだけではんく、食事などの注意も必要ですが
今できていることに、ひとつずつプラスしていってみてください。
1週間出来たら、またひとつ増やしていく
そんなふうに無理なく習慣に出来るといいですね♪。
少しゆっくり行動と呼吸法・・・試してみてください。

まとめ

自律神経を乱さないためには!

◯規則正しい生活
◯怒らない
◯ゆっくり早く行動する
◯マイナス思考を打ち消す
◯手書きで記録する
◯呼吸法
◯水(白湯)を飲む
◯生活のリズムを崩さない
◯質の良い睡眠
◯ストレスの緩和
◯運動

自律神経を整える最短コース10のコツ

◯手書きで記録する
◯スマホの依存から離脱
◯マイナス思考になりそうになったら切り替える
◯鼻から3~4秒で息を吸い口から6~8秒かけて息を吐く(1日1回3分)
◯ゆっくり早く行動する
◯緊張したら深呼吸の前に、手を開いてみる
◯忙しかったり思いつめてる時は、空を見上げて見る
◯一口の水(白湯)を飲む
◯食事は食べることに集中して美味しく食べる
◯休日も早起きしてペースを変えない方がいい
◯1日一回体重計に乗る(おまけ)

自律神経を整える→免疫力を高める→病気にかかりにくい身体を作ることにも繋がります。

がんを克服した方たちも、こういったことをされていたようです。
特にストレスの緩和に繋がる思考や行動をした方は多いようですね。

そこに気がついた時が分岐点となり回復したり
たとえ限られた生命だったとしても、満ち足りた時間を過ごすことが出来るのかもしれません。
病気は身体からのメッセージです。
でもそうならないように過ごしていきたいですね。

(順天堂大学医学部 小林弘幸教授著「読むだけで自律神経が整う名医の言葉」参考)

 

*********************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございました。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけると、同じ悩みや不安を持つ方に寄り添える力となります。
ご協力お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*********************************************************************************************

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心軽く生命輝かせて生きるだけ , 2018 All Rights Reserved.