乳がん克服体験による伝えたい思いと知っ得情報

辛い化学療法は再発のリスクが中程度の乳がん患者には◯◯だったことが判明

2018/12/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

Sponsored Links



化学療法は再発のリスクが中程度の乳がん患者には意味がなかったことが研究結果で判明

アメリカの国立がん研究所のサポートで2016年にスタートし
約1万人の乳がん患者を被験者としての研究結果が明らかになりました。

「ガン」イコール「死」だったり「化学療法による副作用」だったり
それだけで絶望の縁に追い込まれてしまうかもしれません。

ただ特殊な例もあるかもしれませんが、乳がんは早期発見すれば
生存率も高く寛解する人も少なくありません。

そんな乳がんの治療に対しての今回の研究結果ですが

被験者である女性1万人の腫瘍が分子診断によって分析されました。
被験者は全員が全員ホルモン受容体(HR)陽性、HER2陰性、腋窩リンパ節転移陰性の

早期乳がん患者で、乳がんの一般的なタイプであるとのこと。

診断では21種類の遺伝子が分析され、乳がんが再発するリスクが0から100のスコアで評価されています。

この研究はアメリカ国立がん研究所が出資し2016年にスタートした
「Trial Assigning IndividuaLized Options for Treatment(Rx)/個別化選択治療を指定する臨床試験(TAILORx)」
と呼ばれるプロジェクトに含まれるもので、
被験者である女性1万人の腫瘍が分子診断によって分析されました。

診断では21種類の遺伝子が分析され、乳がんが再発するリスクが0から100のスコアで評価されたとのこと。
出典:Gigazine(https://gigazine.net/news/20180606-breast-cancer-chemotherapy/)

注目すべきは、上記で表記されている再発のリスクが中程度の6700名の被験者に対し、2つの異なる治療をしました。

1、ホルモン療法のみ
2,ホルモン療法と化学両方

結果、治療から5年後

1のホルモン療法の患者が再発しなかったのは92.8%
2のホルモン療法と化学療法の患者が再発しなかったのは93.1%

治療から9年後

1のホルモン療法の患者が再発しなかったのは83.3%
2のホルモン療法と化学療法の患者が再発しなかったのは84.3%

つまり、化学療法をしてもしなくても再発率が中程度の患者には大差はなかった
こんな結果になりました。

研究を行ったアメリカ国立ガン研究所の臨床研究者は次のように述べています

「これまでは、再発のリスクが高くても低くても、私たちは治療を推奨してきました。
しかし、再発リスクが中程度の患者に対してどのような治療が適切なのかということが
定かではなくなったのです」
「『中程度のリスクを持つ多くの患者に対して
化学療法とホルモン療法の両方を受けさせることにメリットはない』
という研究結果は、腫瘍学者や患者自身の意志決定において、大いに役立つものと考えられます

出典:Gigazine(https://gigazine.net/news/20180606-breast-cancer-chemotherapy/)

ただしこれは、あくまでも再発リスクが中程度ということですので
すべてのかたが同様であるということではありません。

Sponsored Links



免疫療法で末期の乳がんが完治した

またアメリカの研究チームが
進行性の乳がんで、化学療法も効果がなく
がん細胞が他臓器に広がっていた患者に対し
免疫療法を行った結果、ガンが完治したとの発表をしました。

当時49歳の女性は、従来の治療法で何度も失敗してきましたが
この離床試験に参加し、彼女のリンパ球を取り出し調べ
がん細胞に反応するリンパ球の種類を特定。

調整を加え「免疫チェックポイント阻害剤」と共に
体内に戻すという治療をしたところ
完全な腫瘍の退縮に繋がったということです。

しかもこの方法は、個人に合わせて治療をするので
より期待できることでしょう。

なお、治療より2年経った現在もガンとは無縁の生活をしているとのこと。

出典:AFP BB News(http://www.afpbb.com/articles/-/3177222)

ガンになっても不幸にならない方法

前向きな人ほど良い結果が出る

またこれまで1000人以上にガンの告知をしてきた森山紀之医師も
その経験から「前向きな人ほど良い結果が出る」と言っています。
と同時に、もともと体内に備わっている患者さん自身の「免疫力」を利用して、
がん細胞への攻撃力を高める第4の治療法として
世界でも研究が進んでいるので今後飛躍的に進んで行くと注目しています。

科学的に証明された「笑い」の効果

最後に

絶望の淵に立ってから、その気持を立て直すのには
時間がかかることもあるかもしれません。

ですが人間の体には、元に戻そうという力が備わっています。
その力を内から引き出すことができるのは、自分しかいないのかもしれませんね

49歳のアメリカの女性のように多臓器転移の末期がんでも完治できる治療法も見つかってきています。
私達にできることは、患者にならないようにすること
そして、たとえ患者になったとしても、
前向きに希望を持って過ごすことが、その両面をサポートすると確信しています。

光免疫療法の記事はこちら

おまけ

五芒星の書き方でわかる性格心理テスト

Sponsored Links

*********************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございました。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけると、同じ悩みや不安を持つ方に寄り添える力となります。
ご協力お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*********************************************************************************************

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心軽く生命輝かせて生きるだけ , 2018 All Rights Reserved.