乳がん克服体験による伝えたい思いと知っ得情報

乳がんになっても、不幸にならない方法

2018/06/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -

Sponsored Links



乳がんになっても、不幸にならない方法

毎回のようにお伝えしていますが
ガンは二人にひとり、乳がんは11人にひとりが罹患しています。
周りを見渡せば、誰かがガンになった体験を持っています。

そしてガン告知を受けたら・・・
多くの人が大なり小なりの衝撃を受け落ち込んだりします。

ガンになりやすい人の思考

魔の二週間

この魔の二週間というのは、がんの告知を受けてから訪れると言われている時間のことです。
旧国立がんセンターで、がん予防・検診研究センター長として
1000人以上の患者にがん告知をしてきた森山紀之先生が、
がんで不幸にならないためのアドバイスをご紹介します。

森山先生の話によると、告知を受けて平気でいられる人は多くはなく
告知時に治癒率や治療法などを話すのだそうですが
多くの方は思考が停止してしまったと思うほど
その言葉はまったく耳に入っていない人がほとんどとのこと。

落ち込む度合いは様々・・・
仮に早期発見で治癒率が高ったとしても
絶望のあまり寝込んだり、家族にあたり散らしたり
うつ状態になったりと現実から目を背けてしまう方もたくさんいるそうです。

ただこうした状態は、殆どの場合だいたい二週間程度で落ち着くということです。
この二週間で、落ち着きを取り戻し少しずつ受け入れて行くのでしょう。

だから、あなた自身や大切な人が告知を受け、落ち込んだりしたときは
たとえ渦中にあるときに苦しくても、二週間もすれば落ち着いてきますよと
森先生は言っています。

Sponsored Links



心を落ち着かせる方法

森先生は、「完治」よりも「ガンと共に生きる」
そういった気持が大事だとおっしゃっています。

すべての始まりは、ガンであることを受け入れること。
ガンの治療は、抗がん剤や放射線といった治療もあり
それは長期に渡ることもある、また転移などの可能性もある。
そういった意味でも、完治というよりも
がんとともに生きようというところへ気持ちを持っていくようにしているとのことでした。

元SKD矢方美紀さんの生き方

人の想像力は悪い方へと広がりやすい

そもそも「ガン」という病名を聞いただけで、思い浮かぶのは
ネガティブなキーワードばかりです。
これから起こり得る最悪のことばかりを想像します。
誰も「やったー!」なんて思いません

そして、「これからどうなる」ではなく
「これから何をすべきか」を考えることが
ガンと共に生きる人生を受け入れることに繋がりますという森医師の言葉は
まったくその通りだと思います。

どんな名医でもドラマじゃないので
私失敗しないのでとか、100%大丈夫とかは言いませんし
物事に100%はないのでは?と思います。

※参考:文春オンライン(http://bunshun.jp/articles/-/7390)

体験談として・・・

私の場合、幸か不幸か
痛みを感じてしこりを見つけたときに
実母が乳がんだったと聞いたことがありましたので
その瞬間、ある程度の覚悟がありましたし
告知を受けたときは、父が末期のガンで入院していましたので
思考の殆どが父の方に向いていました。
そして、看取るまでは絶対に死ねない・・・そんな思いしかなかった。

おかげで、魔の二週間は早々に通過し
悪いところはとっとと切って治そう
そうしなければ両親の看病や介護はできない。
そんなことを考えていました。

乳がんになった多くの人達は、魔の二週間を乗り越え
病気を受け入れ、人生を楽しもうと今を大切に生きています。

魔の二週間を、じっくり向き合う人もいるでしょう
数分でクリアする人もいるでしょう
でもその時を過ぎたなら、希望を持って今を大事に過ごしてほしいと思います。

がんのリスクを軽減する生活習慣

 

*********************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございました。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけると、同じ悩みや不安を持つ方に寄り添える力となります。
ご協力お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*********************************************************************************************

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心軽く生命輝かせて生きるだけ , 2018 All Rights Reserved.