乳がん克服体験による伝えたい思いと知っ得情報

がんの費用が心配!がん治療にかかる費用と給付金・助成金

 
この記事を書いている人 - WRITER -





怪我でも病気でも入院や治療をするとまとまったお金が出ていきます。
昨日もお伝えしましたが、妊婦加算といった医療費の上昇をはじめ
今後、物価の上昇、消費税の上昇は
庶民の我が家としてはイタイ・・・。

せめて入院や治療といった予想外の出費は対策しておきたいところです。
ただ助成金や給付金といった公的機関を利用するのもは
基本、申請しないと受けることができません
知らずに期間が過ぎてしまうと、権利も失い損をしてしまいますので
こんなときにもらえるんだということだけでも抑えておきましょう。

こんな時、どこに申請すればいいの?

助成金や給付金を受けようとすると、わかりにくいことや面倒な手続きが山積しています。
でも、病院の事務課やがん相談支援センター等へ相談すれば丁寧に教えてくれますので
不安解消のためにも早めに相談してくださいね。

医療費の負担を軽くする公的制度

医療費の払い戻しを受けたい 高額療養費制度 加入している公的医療保険(健康保険組合・協会けんぽ・国民健康保険・後期高齢者医療制度)の窓口
税金の還付を受けたい 医療費控除 住所地管轄の税務署
【相談】

病気のこと、治療や療養のこと、お金や制度のことなど

ご利用いただける制度などについて、一緒に考え、ご紹介します。 「がん相談支援センター」

介護保険

介護が必要となる可能性がある 介護保険制度          (訪問介護、訪問看護、通所介護、福祉用具レンタルなど) 市区町村の介護保険担当窓口、地域包括支援センター

生活費などの助成や給付など

休職を検討したい 傷病手当金 会社担当者、協会けんぽ、健康保険組合など
がんの治療で障害(例:人工肛門など)が残る可能性がある 障害年金 年金事務所、年金相談センター、市区町村の国民年金担当窓口
身体障害者手帳 市区町村の障害福祉担当窓口
生活が苦しい・生活にかかる経済的支援を受けたい 生活福祉資金貸付制度 市区町村の社会福祉協議会
生活保護制度 住所地管轄の福祉事務所

 民間保険

保障の内容を確認したい、給付金などを受け取りたい 給付金、各種特約 加入している保険会社の担当者、窓口、コールセンターなど

参考文献 厚生労働省 

入がんと仕事とお金の話







がんの費用ってどのくらいかかるの?

※こちらは平均費用で、治療法や機関によっても異なります

入院にかかる平均費用
医療費総額 自己負担額(3割)
乳がん  610,000  190,000
子宮がん  630,000  200,000
直腸がん  790,000  240,000
肝がん  630,000  190,000
肺・気管のがん  710,000  220,000
胃がん  650,000  200,000
大腸がん  650,000  195,000
悪性リンパ腫  980,000  300,000
白血病  1,560,000  470,000
その他の悪性新生物  675,000  210,000

参考文献 厚生労働省 医療給付実態調査(平成27年) 統計表

いずれも高額医療の対象金額を超えていますので、実際には還付されればもっと安く済むでしょう。
ですが、実際にはもっと細々としたお金も出ていきます。

近年は入院が短くなった分、通院治療が主流ですので
生命保険も通院特約やがん給付金等を付加するなどの補強もしておきたいですね。

※ちなみに私は保険未加入だったため、
乳がんで入院中に、父と私の二人分のがん治療費と母の入院費の心配をしながらの入院でした💧

また住宅ローン契約時加入の保険には、契約者が死亡したときだけでなく
がんになったときにも支払いが免除される特約は付加しておいたほうがいいですね。

給付金・助成金・減免制度はたくさんある

役所など自治体に申請することで受けられる給付金や助成金は医療費だけでなくたくさんあります

出産・育児
失業・労働
失業住宅手当
災害・事故
エコ
医療費
年金
介護
葬儀まで・・・

自治体によってもそこだけが行っている制度などもありますので
足が遠くなりがちな役所ですが、
市民県民としての権利ですので
一度確認してみてもいいかも知れませんね。

*********************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございました。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけると、同じ悩みや不安を持つ方に寄り添える力となります。
ご協力お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*********************************************************************************************

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心軽く生命輝かせて生きるだけ , 2018 All Rights Reserved.