乳がん克服体験による伝えたい思いと知っ得情報

なでるだけでわかる痛くない乳がん検査が来年治験を目指す

2018/08/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -

スポンサーリンク

神戸大の木村建次郎教授らが痛くない乳がん検査が来年治験へ

乳がん検診が敷居が高いひとつに、マンモグラフィでの痛みではないでしょうか?
検査とは言え遠慮なくはさみ、潰れてしまうかと思うほど・・・
そんなマンモグラフィの検査に代わる乳がんの新たな検査法が開発されたとのこと

マンモグラフィは痛みを感じるだけでなく、乳腺の密度の高い「高濃度乳房」の人は
全体が白く写るため、異常を見つけにくい。

 

※読売新聞掲載画像

ところが今回開発された検査法は、痛みもなくガンを明確に区別することが出来るようです
電波を当てて検査をするその方法は、組織に当たると反射するが
脂肪は通り抜けることから、乳房の大半が脂肪であることに着目し
瞬時に。立体映像家ができるようになったそうです。
しかも微弱な電波を出す発信器で乳房を数回撫でるだけで、被爆の心配もない。
ちなみに、電波は携帯電話の1,000分の1以下の量とのこと。

どんどん新しい技術が開発されて、これまで敷居が高かった乳がん検査も
もっと身近になって早期発見に繋がるといいですね。

おまけ:更年期の気になる対策はこちらから

*********************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございました。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけると、同じ悩みや不安を持つ方に寄り添える力となります。
ご協力お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*********************************************************************************************

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心軽く生命輝かせて生きるだけ , 2018 All Rights Reserved.