乳がん克服体験による伝えたい思いと知っ得情報

医師が警鐘を鳴らす!◯◯◯依存はガンの要因になる可能性が!! 追記

2018/08/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -

スポンサーリンク

医師が警鐘を鳴らす!スマホ依存はガンの要因になる可能性がある

2人に1人がガンになり、11人に1人が乳がんになるという時代
この30年で乳がんの患者は3倍以上になっているそうです。

それだけでなく、子宮頸がんなど、若い女性にがんが増えていること
国立がん研究センターによる、がん患者数の統計によると、
1986年から2013年までの間に、20歳から34歳までの年代で、
がん患者数は1.4倍になっているんです。

自分の乳腺タイプを知っていますか?

スポンサーリンク

スマホ依存とガン、どんな関係が!?

こんな小さな子もスマホの時代ですがリスキーですね

若年性がんの増加について、4,000例以上のがん手術を行ってきた「西台クリニック」済陽高穂院長は
原因のひとつとして、スマホ依存が考えられるという。

乳がんの主要因はエストロゲンという女性ホルモンが過剰分泌することが原因とされています。
そして、がんは特別な病気ではなく、誰しもが毎日がん細胞を生成され、毎日排除しています。
それは、免疫システムがあるから可能なこと・・・。

と・こ・ろ・が・・・!!
その免疫システムを阻害する原因のひとつが「スマホ依存」なんです。

毎日生まれるがん細胞をやっつけるのには、白血球にある「リンパ球」が必要なんです。
このリンパ球は自律神経と大きな関わりがあって
心身を休ませていると副交感神経の働きが良くなり、数が増えていきます
つまり、心身が落ち着かないと副交感神経の働きが低下してしまうということ。
そうなるとリンパ球も増加しませんし、ガンと戦うことも出来ません。

例えば、夜遅くまでスマホのブルーライトの光を浴びていると
脳が冴えて昼と認識し、体内時計が狂ってきてしまいます。

さらにスマホ依存による影響は、睡眠不足により
睡眠ホルモンと言われる抗酸化作用が高い、
抗ガン効果が期待できる「メラトニン」の分泌量も激減させてしまいます。

そういった理由から、スマホ依存はガンの引き金になる可能性があると言われています。
これは特に、若年性と言われていますが、若年に限らず
スマホなどに依存しているデータがありますのでご覧になってみてください。

ちなみに、スマホ依存は学力も低下するそうですよ(by林先生)

あなたは大丈夫?!年代別ストレス調査結果

スポンサーリンク

若年性乳がん

また「新宿ブレストセンター クサマクリニック」の日馬幹弘院長が
若年性の乳がんについてこのように話している。

ライフスタイルや食生活などが影響している。
どのガンでもそうであるように、早期発見が鍵となる
しかし、問題は山積みしている。

特に、母親や親戚に乳がんになった人がいる女性は25歳から
乳がん患者が家族にいない方でも30歳を目安に、
1年に1回の乳がん検診を受けたほうがいいと話しています。

ただし、20~30代では、放射線被曝のリスクがあるうえに、
がんが見逃されやすいマンモグラフィーよりも
超音波を中心にした検査をしてみてほしいとのこと。
その場合、乳がん学会の認定施設等のチェックをすることも大切だ。

また、日馬院長は、もうひとつ大事なことを言っています。

小林麻央さんもそうでしたが、元SKE48の矢方美紀さんも乳がんと、若い世代の乳がんは増えています
エストロゲンの過剰分泌や食生活、スマホ依存のようなライフスタイルもありますが
もう一つ・・・
女性ホルモンには「エストロゲン」の他に、もうひとつあります。
それは「黄体ホルモン」
この黄体ホルモンは、エストロゲンの刺激を抑えてくれる働きがあるんですが
黄体ホルモンは、ストレスを受けることで減少してしまいます。
その結果、エストロゲンの暴走を止めることが出来ず乳がんになってしまう。
ということも考えられるそうです。

設備の整った乳がん検診施設

医師が勧めるセルフチェックで生存率95%のしこりを見つる方法

1,背中にタオルや枕を置き、胸を張るようにして、指の腹で乳房を圧迫しながら触っていく。

2,しこりは少しいびつで、生理前に出来るしこりとは違い硬さがあります。
ビー玉のような固さではなく、梅干しの種のような硬さ。
触ると反動があるようなタイプが多い。

3,乳がんの発生しやすいところは、乳房の外側の上部ですので、とくに注意して調べましょう。

★生理1週間前の乳房の硬いとき、生理後2~3日の軟らかいときの感触を覚えておくことがポイント。
★月に1回チェックして、いつもと感触が違うと感じたら、専門医で受診しましょう。

まさかの乳がん超早期の症状

チェックのポイント

生存率95%と言われるステージ1の大きさは2センチ未満
セルフチェックで、自分で“いつもと違う状態・感覚”だと
気がつけるかどうかが重要なポイントになると日馬院長は言います。

まだ若いから、家系にガンがいないから・・・
それすら安心材料ではなくなってきています。

ご自身はもとより、娘さんにもちゃんと伝えてほしいと思います。
自分の身体に興味を持ってセルフチェックをしてみましょう

※参考:女性自身デジタル(https://web.smartnews.com/articles/28KG5Kd2zf1)

*********************************************************************************************
最後までお読みいただきありがとうございました。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけると、同じ悩みや不安を持つ方に寄り添える力となります。
ご協力お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*********************************************************************************************

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心軽く生命輝かせて生きるだけ , 2018 All Rights Reserved.